スタッフブログ

早起きとあいさつ

 本日、会社の先輩から、「早起きとあいさつ」ということについての話をお聞きました。
 早起きがあまり得意ではなく、その原因が寝る直前までスマホをいじってしまっているということで、朝早く起きるために、寝る直前のスマホをやめる目標で5月から生活してきたそうです。その結果、早起きができるようになったそうですが、最近は目標を達成してしまったことで甘えが出てしまい、前の生活に戻りつつあるそうなので直していきたいという話をしてくださいました。あいさつに関しても、社員などには意識してあいさつができていますが、家族となるときちんとあいさつが出来ていないと感じていらっしゃいました。その点に関しても、今後対策を考えていきたいとお話いただきました。
 この話をお聞きして、早起きと家族へのあいさつは自分が意識しなければできない部分であり、最も甘えが出てしまう部分でもあると感じました。特に早起きに関しては、自分しか評価ができない目標です。自分に甘えることなく目標達成に向けて生活していくことが必要であると感じました。

プロからもらうアドバイス

 本日は、「プロからもらうアドバイス」という内容で会社の先輩から以下の話をお聞きしました。
 その方は普段あまり工作をしない方で、本棚を作成していた時、取り扱い説明書の通りに手回しのドライバーを使い作成していたところ、義理の父に「電動ドライバーを使った方がいいよ。」というアドバイスをいただいたそうです。その際に、その分野に精通した方のアドバイスのありがたみを感じたとお話いただきました。
 上記の話を聞き、分野に精通した方のアドバイスは、受けた方の背中を押してくれるアドバイスと、違った方向に進むための第一歩のアドバイスがあると感じました。そのどちらもアドバイスを受ける方からすると、とても頼りになり、ありがたいものであると思います。その道のプロだからこそできるアドバイスというものについても考えていきたいです。

本日の3分間スピーチ

本日の朝礼時の3分間スピーチでは「自身の物事の捉え方」ということについて次のような話がありました。

——————————————————————————————————————————–

最近うまくいかない時があり、落ち込んだ表情をしていたら、ある社員が「元気ないね。大丈夫?」と声をかけてくださいました。そのときに、周りの人は自分のことをよく見ていてくれて、細かい変化にも気づいてくれていると実感し、大変嬉しかったです。それとともに、自分が今まで感じていた、うまくいかないことによるストレスの原因はなにかと考えた時、自分の行動にあるのではないかと考えました。世間一般には、「相手のことを考えて」とよく言われますが、相手のことに気を取られるあまり、自分のことに目が向けられていないのではないかと感じました。人はうまくいかないときにすぐ周りのせいにしてしまいがちですが、「すべての物事の原因は自分にある」という因果関係のもと、問題解決のためにまずは自分をいち早く変えていくことが必要であると感じました。そうすることで、より一層豊かな人生を送ることができるようになると思います。

3分間スピーチ

当社では毎日社員の中から1名が選ばれ、朝礼時に3分間のスピーチを行っています。このスピーチの内容は、人によって様々です。3分間のスピーチでは話す方聞く方どちらも「気づき」を得ることができます。先日行われたスピーチでは、就業規則の見直しについて次のような話がありました。

——————————————————————————————————————————–

10年前に作った就業規則を使っている会社があり、見直しの依頼がありました。10年間で介護休暇や育児休暇など、会社を取り巻く制度は様々に変化しています。そんな中で服務規律(業務を遂行するにあたって労働者が守るべき行為規範)に近年増えているSNSの利用やスマホの普及に伴う、これらの使用規制についての規律を考えることも必要になっています。また、タトゥーの使用も若い世代を中心に増えており、それについての規律も入れていくことが必要になります。このことからも、時代の変化と共に、規律を変えていく必要があることが分かります。

また、25年前に作った就業規則を使っている会社もあります。かなり前の就業規則のため、古い法律を振り返ることしました。当社の社長の小林も法律を読むことは大切であると常日頃言っております。その古い法律は当時のものなので今使えるということはありません。しかし、古い法律についての知識は増えます。知識を多く持っていることで、お客様に説明する時の話の幅が広がるということが言えます。知識を広げること、すなわちそれがお客様のためになります。

異業種座談会 ~若手経営者が語る「成長し続ける企業経営」~

  

■ 内 容
   異業種の経営者が集い、互いの世界にふれ、刺激を受け、これまでと違った視点で物事を
  捉えるきっかけとなれば―。
   前半は長野県内で独自の商品・製品・サービスを持ち、業績を伸ばしている若手経営者
  3名の「技術・アイデア・ノウハウ・知識」などを学ぶ。後半は参加者が抱える開発・販促
  ・人材育成などの経営課題についてともに考え、語り合う。
 
■ 日 時
  7月 19日(金)13:00~16:00(開場12:30)
■ 会 場
  ㈱あんしん経営 4F研修室
■ 対 象 者
  ・個人・法人問わず企業の経営者
  ・これから経営に携わる方
■ 参 加 費
  無料
■ 定 員
  40名
▲画像をクリックで拡大できます。
■ お申込み・お問い合わせ
  ㈱あんしん経営 担当 小林
 
 
 

新入社員Blog ②

はじめまして!4月からMACKコンサルタンツグループの一員となりました、柴田です。

4月から社会人となり、不安なことや分からないことが数多くありましたが、先輩や上司の方々が

優しく、丁寧に教えてくださって、改めてこのグループの一員となれたことに感謝しています。

今はまだ知識・経験ともに乏しく皆様に迷惑をかけてばかりです。

ですが、一日でも早く周りの方や会社、そして地域に貢献できるよう努力していきたいと感じています。

私は普段バスケットボールをやっています。そしてそのバスケットボールの神様、マイケルジョーダンの

名言にこのようなものがあります。

「失敗することは耐えられるが、挑戦しないことは耐えられない」

私も失敗を恐れず様々なことに挑戦して成長していきたいと感じています。

これからもよろしくお願いします!

新入社員Blog

初めまして!4月よりMACKコンサルタンツグループの一員になりました、上條です。
 
毎日新鮮な気持ちで多くの業務に携わり、先輩方に様々なことを教えていただいている毎日を送っています。
 
私は入社時に何か特別な資格を持っていたわけではありません。日々の業務で知識不足を感じることも多いです。
 
また、今日々の中で、「私が会社のために何ができるか」というのを模索しています。
 
知識を付けていき、自分なりにできることを見つけていきたいと思っています。
 
私が好きな恋愛ドラマで、主人公が何人かの中で迷い「君じゃなきゃダメだ!」と真実の愛を見つけるというものがあります。
 
私も会社に「この仕事は君じゃなきゃダメだ!」そう思われるようになっていきたいと思っています。
 
これからよろしくお願いします!

2019年度 入社式

3月30日(土)にNKビルにて入社式が行われました。
今年度MACKコンサルタンツグループは新卒・中途合わせて
新たに4人の仲間が縁を持ってくださいました!

小林正樹社長、小林みな子室長より激励の言葉がありました。
緊張している面持ちの新入社員もいましたが、その後の歓迎会では
和やかな雰囲気で先輩社員と会話している様子が見られました。

先輩社員一同心より歓迎しております。
新入社員4名の今後の活躍を期待しているとともに、
先輩社員一同も心新たにフレッシュな気持ちで仕事に取り組んでいきたい所存です。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

満員御礼!!

 
 3月22日(金)に株式会社テンホウ・
フーズの大石壮太郎氏をお招きし、『伝
統と革新 ~「喜びの種」をまくことで
人と組織は育つ~』を開催しました。
 飲食業の方はもちろん、様々な業種の
方が多くご参加され、会場は大変賑わい
ました。
 
 参加者の方からは、「勉強になりまし
た」「大変参考になりました」「もっ
と大石壮太郎氏の話を聞きたい」など
の声が多数ありました。
 
 
ご参加していただきありがとうございました。

みんなのテンホウ!

2月22日に株式会社テンホウ・フーズ4代目代表取締役
社長大石壮太郎氏に当社にお越しいただきました。

大石社長は、自らの代を第二創業期と名付け魅せる新工場の建設や、多店舗展開を実現しておられます。そんな大石社長は「みんなが、仕事を楽しんで…その人らしく、一人ひとりが輝いてほしいのです。この会社で働いてきてよかった!と言える会社でありたいですね…」とおっしゃいました。