スタッフブログ

量子論

「真空」と聞くと、一般的には〝無〟をイメージしがちですが、エネルギーと時間の不確定性関係式から分かるように、〝無〟はありえません。

”無”と”有”の状態の間でゆらいでいる、つまり、真空のもつエネルギーのゆらぎです。

2500年前に中道と表現された事とリンクします。

不可知論

今、私の目の前にパソコンのディスプレイがあります。

この物体は、私の主観によって構成され、私が創り出した表象にすぎない現象として、私の目の前に現れています。

私が認識しているこの物体は、私の認識に関係なく実在しますが、私の目の前に現れる際は、認識以前の姿で現れることはありません。

この世に絶対の真理があったとしても、我々は真理を知り得ないのです。