社長ブログ

「組織」と「戦略」

 「組織は戦略に従う」(アルフレッド・デ・チャンドラー著「経営戦略と組織」)との名言のごとく、経営戦略に応じて組織を編成することは当然のことであるが、「組織」と「戦略」は相対概念ではなく、一体的な絶対概念である。

 すなわち、組織の特色に応じて、経営戦略を立案することも重要なことである。

 ところで、組織を構成する要素は「人」であり、「人間」に対する価値観は様々である。

 今から40年以上前、ニューヨーク五番街にあるアメリカの名門百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」(2005年10月経営悪化により、身売り。2005.10.28日経流通新聞)を入札買収したアラブ系投資銀行「インベストコープ」の当時の社長ネミール・ギルダーは「日本を訪れて日本的経営を学んだことがあった」と述べ、日本的経営を学んだことを応用して世界的有名デパートを買収できるまでに我が企業を成長させることができた旨の発言に昔日の思いがある。

 欧米と日本では人間に対する価値観に相違があり、欧米の組織論を日本にあてはめても、日本の組織論を欧米に応用しても如何なものかと思われる。

 欧米企業では、人間は会社を動かすための単なる「道具」の1つとしてしかとらえてこなかった。つまり、「会社=経済組織」とし、会社は利益を出すための組織に過ぎないため、人は物的資産として売買の対象にもなるし、人の入れ替えも激しい。したがって、その戦略は短期的視点に立たざるをえない。

 一方、日本企業のかつての価値観は人間重視であり、「会社=社会組織」という意味合いが大きかった。

 会社は従業員と「終身の関係」で結ばれ、構成員の生活のために長期的視点に立った戦略がとられてきた。