起業する際のチェックポイント

これから起業、独立をお考えの方へ。
新しい事業を立ち上げて軌道に乗せるまでには、多くの困難が伴います。
しかし成功すれば会社勤めでは感じることのできない大きな手応えや達成感を
得ることができます。

事業を確かな成功へ導くには、スタートさせる前の段階で綿密な調査や
将来を見据えた堅実な準備が必要です。

まずは、以下の項目を確認してください。

・なぜ独立しようと思いましたか?

起業される方には、それぞれ違った起業されるまでの経緯があります。自分がなぜ「独立したい」のか、独立して「どうなりたい」のか、まず最初に自分自身を見つめて心の中を整理してください。創業時の想いの強さが事業を続ける原動力になります。

・何をしたいか明確に決まっていますか?

漠然と「起業したい」と考えていても、決して物事は前に進みません。自分が何をしたいのか、何が出来るのか、言わば自分自身の「棚卸し」をして何の分野で起業するのかを明確に決めてください。

・十分な経験はありますか?

起業する分野についての十分な経験や知識があることは、大きな強みになります。実際に事業を始めてから直面する多くの困難やトラブルを回避するためにも独立する前に十分な経験を積んでおくことをお勧めします。将来の成長を見越して新たな分野にチャレンジされる場合、その分野に詳しい方の話を聞いたりセミナーや学習会に参加するなどして、可能な限り知識を深めてから事業を始めるべきです。

・自分を信用してくれる人はどのくらいいますか?

事業を始めるには大きなお金がかかります。最近は資本金1円から会社を設立できる制度もありますが、最低でも事業を始めてから半年は無収入でやっていけるだけの基礎体力がなくては、事業を継続していくことができません。まずは「資金計画書」を作成し、実際に事業を始めるのに必要な資金と事業を継続するための必要経費を算出してください。

・売り上げの見込みは立てていますか?

これから始める事業によって毎月どのくらいの売り上げが見込めるか、正確な売り上げ予測を立ててください。業種によって異なりますが、業種ごとに一般的な売り上げ算出方法がありますので、そういったものを参考にしながら、地域や商品の特性などを加味して実態に合った売り上げ予測を立てることが重要です。

・人脈や仕入れ先はありますか?

新規に事業を始める場合、仕入れ先や同業他社の人脈を開拓することも大変です。勤め人時代の人脈を活用出来る場合は良いのですが、新しい業種にチャレンジする場合や新しい土地で事業を始める場合は積極的に人に会って人脈を広げる努力をしましょう。

・アドバイスをくれる協力者はいますか?

独立して経営者になるということは、その先会社が続くかぎり不安や孤独と戦わなくてはならないということです。善意の立場であなたの相談に乗ってくれる友人・知人の存在は困難に直面した時や迷った時大きな助けになるでしょう。以前の会社の上司や同僚、取引先の営業さん、大学の同窓生や先輩など普段から人間関係を良好に保つことを心がけてください。

・信頼出来る相談者はいますか?

経営者は全ての事柄を自分で決めていかなくてはならないので、気がつかないうちに自分の意見に固執してしまうことがあります。あなたの進んでいる方向は本当に正しいか、事業の進め方を間違っていないか、時には厳しい意見を言ってくれる第三者の存在も重要です。客観的な立場からあなたの事業を見守ってくれる税理士や会計士を見つけることも事業を成功させる鍵になります。