会計業務

経営の改善・発展をトータルでサポート致します

会計業務は企業経営を支える重要な要素です。会計業務をおろそかにしたまま経営を続けると、生産性・収益性の悪化につながり、資金繰りの悪化・枯渇、倒産に陥ってしまいます。このような悪循環は、財務指標をしっかりと読み取り、経営状態をきちんと把握することで防ぐことができます。
MACKコンサルタンツグループでは、毎月の記帳代行から経営のアドバイスまでトータルにサポートし、企業経営の改善・発展をお手伝いしています。

記帳代行サービス

記帳事務を何日か忘れていた…そのまま何ヶ月か溜めてしまい、気づいたら決算目前。あわてて領収書と格闘!…こんな経験はありませんか?
記帳事務をきちんと行うには専門知識が必要です。あいまいに行うと経営数字が正確に把握できず、経営判断の障害になります。 記帳のことでお悩みの方はお問い合わせ下さい。

このような方は 記帳代行をお奨めします

  • ・記帳事務の為に事務員を雇う余裕がない
  • ・経理担当者が辞めてしまった
  • ・帳簿付けを先延ばしにしてためてしまった
  • ・記帳のことが分からないし、細かい作業は苦手
  • ・経営に関わる数字を正確に把握したい
  • ・節税等専門家の記帳代行を利用したい
  • ・スムーズな資金調達のために正確に記帳したい
  • ・良心的な価格の記帳代行サービスを探している

月次巡回監査

迅速な経営判断を行うためには、正確な月次決算が必須です。
MACKコンサルタンツグループでは、専門スタッフが毎月お客さまの下へお伺いし、記帳内容を確認・指導することで、正確で適時な月次決算を可能にします。
試算表、経営長所報告書等を作成し、数字の解説と報告をします。

期末決算

毎月の巡回監査の内容をベースに、決算書・申告書を作成します。
MACKコンサルタンツグループでは、税務申告の際に「税理士法33条の2添付書面」をつけています。これは提出する税務申告書が「巡回監査を適正に行なったうえで作成された、真実を明瞭にした書類である」という品質保証書です。この添付書面をつけることにより、第三者の評価が違ってきます。
また、期末決算の結果や業種業態に応じた経営分析・経営診断を基に、キャッシュフロー・資金繰り・予算管理・経理の合理化・改善・設備投資資金の収支計画・株式評価など、経営上のアドバイスをいたします。